株式会社日本先物情報ネットワーク

COLUMN先物コラム

とうもろこし市場の上昇が期待し難い理由とは

更新日:2017/05/11

シカゴとうもろこし市場では、5月1日に379.00セントと380セントに迫る動きを見せましたが、それ以降は基調が下値追いに転じました。現地5月8日には一時的に365セントまで値を落としており、その後は下げ渋りに転じているとはいえ、それでも370セントを強い上値抵抗にするなど、頭の重さに変化は無いように感じられる動きを見せています。

このようにとうもろこし市場が大きく高下したのは、作付期を迎えている米国の中西部の天候が背景となっています。

米国では早いところでは4月にとうもろこしの作付が開始されますが、それが本格化するのは4月下旬から5月半ばにかけての時期です。

この時期に作付を逃すようであれば、作付け遅れに伴うイールド低下を嫌って大豆へと作付けがシフトする可能性が高まるとの見方が広がります。

つまり、作付遅れが原因となって、とうもろこしの作付面積が当初予測分を達成できなくなるのではないか、との懸念が強まり、これがとうもろこし市場における買い支援材料になっているのです。

特に米国農務省全国農業統計局(USDA/NASS)の発表において、4月24日時点の米国の作付進捗率が例年の18%とほぼ同程度の17%ながら、前年同時期の28%を大きく下回っていたことが、作付遅れに対する警戒感を強めました。

その後も5月1日までの1週間で大きく作付進捗率が上昇したとはいえ、さらにその次の1週間後となる5月8日時点の作付進捗率が前年同時期の61%、過去5年間平均の52%を共に下回る47%とされており、米国でのとうもろこし作付遅れに対する警戒感が残る状態が続いています。

とはいえ、現時点ではとうもろこし価格が再び浮上する可能性は大きくはないと見られるのが実情です。その理由として、まず第一に農家の尽力度次第でとうもろこしの作付進捗率は1週間で大幅に伸びる可能性があることが挙げられます。

すでに今年の作付においても4月24日~5月1日までの1週間で26%もの作付進捗率の上昇を経験しているように、米国のコーン作付進捗率が1週間で20%以上の伸びを見せることが度々あります。

特に5月半ば以降、作付遅れに対する警戒感が高まれば高まるほど農家が集中的にとうもろこしの作付を行う傾向が強まります。仮に、5月末までの3週間を通して毎週20%以上の作付進捗率を記録するようであれば、とうもろこしの作付は5月内で終了することが可能です。

また、仮に作付が遅れたとしても品種改良によって干ばつや虫害に対する耐性が増していることもあり、夏場に大干ばつが発生しない限り、生産量が大きく落ち込むほどの影響を受ける可能性は年々低下していると考えられます。

実際、同様に作付が遅れていた2013年度は作付遅れが懸念されて6月下旬 まで底固く推移していたものの、それ以降は天候に恵まれて夏場の開花期を順調に終えたことが弱材料となり、7月下旬以降は頭重い足取りを強いられました。

もちろん、作付遅れによって生育ペースがずれれば、熱波が広がりやすい時期に開花期を迎えて生産量が落ち込むリスクが高まります。そのため、米国産地の天候に対しては今後も十分な注意が必要となってきますが、それでも現時点ではだからといって生産量が減少する、とは言えない状況と考えられます。

特に、農家は生育準備段階で想定される作付面積に伴った量の種子、農薬、肥料を手配しているため、できるだけ廃棄を避けるために、可能な限り予定通りの作付を行うことが見込まれます。

そのため、よほどの天候不良でない限り、作付面積が大きく変化することは無いと見られます。特に、時期的にまだ余裕が残されている現段階では、作付面積は市場が想定するほどの変化は予定されていないと考えられます。

また、実際に作付面積が縮小したとしても、150億ブッシェルを超える大豊作となった前年度からの繰り越し在庫量に加え、ブラジル、アルゼンチンといった南米の主要生産国での増産を受けて、17~18年度の世界のとうもろこし需給は潤沢な状態が続く可能性が高いと見られます。

生産量が減少するほどの影響を与える可能性が高い夏場に干ばつになる可能性が高まれば、減産リスクが高まると見て、それに備えた買いの手が活発化することになりそうです。しかしながら、作付が遅れているという点だけでは買い進むには十分な手掛かりがあるとはいえず、とうもろこし市場は上値を抑制される足取りを演じる可能性が現時点では高い、と思われます。

執筆者:平山 順氏(ひらやま・じゅん)

中央大学法学部卒、英国留学後
(株)日本先物情報ネットワークに入社。現在主任研究員。
商品全般に通じ特に穀物市場を得意とし、テクニカル分析には定評がある。
1999年にシリーズ3(米国先物オプション外務員資格)に合格。

  • バックナンバーは現在公開停止中です。閲覧はお早めに!
  • ご意見・ご感想等はメールにてnsnmail@nsnnet.jpに送信ください。
  • 情報提供を目的にしており内容を保障したわけではありません。投資に関してはご自身の責任と判断でお願いします。